ベットの上でもできる優しい運動


はじめに・・

 

身体を温めることは、ヒートショックプロテイン(HSP)を増加させ、ストレス予防、免疫力増強、疲労回復等に有効です。それとともに、運動もHSP入浴法と同様、HSPを増加させ、代謝を高めるのに重要です。

何より、運動しないでベットの上で寝ているだけでは、筋肉が細くなり、筋力が低下し、歩けなくなったり、転倒したりと障害も起こってきます。また、治療中は、運動したい、運動しないといけない、と思っても、どんな運動をしたらよいのか分かりません。

そんな時、ベットの上でも簡単にできる優しい運動がありますので、ぜひ実践してみてください。

・健康な人でおやすみ前に軽く運動してみたい

・体調不良でしんどいけど、身体を少し動かしたい

・運動しないといけないと思うけど、ベットから出られない

・入院中で、ベットで休むことが多いけど、運動したい

・抗がん剤など治療中で、だるくて何もしたくないけど運動しなくては・・と思っている

上記のようなみなさんに、おすすめの優しい運動があります。

体調不良、治療中の患者さんでもできる、ピラティスの基本原理を踏まえた、ベットの上でもできる運動をご紹介します。

ピラティスは、バランスのとれた、強くしなやかな身体と心へ導く、全身のエクササイズです。正しい身体の使い方を身につけることで、自然治癒力が高まり、必要な筋力と柔軟性が身につきます。

 

ぜひ、お試しください。

 

今回は、ピラティスインストラクターの渡邉友紀さんにご自身の治療中の経験も踏まえて、ご協力いただきました。

●どの動きも、呼吸は止めないようにして行いましょう。

●楽に!そして、効果的に動けるよう、下腹部にグッと力を入れて、手や足を動かしましょう。

 (開腹手術などで、力を入れることが難しい場合は、無理はしません)

●手術したところが突っ張ったり、痛みを感じるときは、手術したところに片方の手を優しく当てた状態で行うと少しやりやすくなります。

●無理をしないペースで行いましょう。

 

 「気持ちいい」という感覚を大切に。ストレッチは「イタ気持ちいい」を目安に。

「運動するHSP入浴法」にご協力をいただいた渡邉友紀さんのプロフィール

1973年生まれのピラティスインストラクター。

2007年に名古屋のピラティススタジオ REBORNでクラウンピラティスと出会う。

2017年に乳がんと診断され、手術、抗がん剤、放射線治療を経て、現在はホルモン療法とマイルド加温を行いながら、がんにならない生き方を実践している。