HSPと病気の関係について


・甲状腺機能低下症は、女性に多い!

・妊娠や出産、環境ストレスが引き金となって発症し、だるい、疲れやすい、元気が出ない、体温が低いなどの体の不調が現れます。

・原因が分からず、不調が続く場合は、病院で甲状腺機能の検査を!と同時にこの甲状腺の病気の改善にもHSPが貢献できます。

   HSPを増加させ、自分自身でも改善させましょう!!

・うつ病の人は、健常人に比べ、明らかに、ヒートショックプロテイン(HSP)が低いことを実験で確認しました。

    よって、うつ病の人は、ストレスを受け易く、自己治癒力が低下しています。

・しかし、マイルド加温やHSP入浴法で加温すれば、うつ病の人のHSPは明らかに増加します。

・更に、うつ病の患者さんにマイルド加温療法を実施した臨床研究では、うつ状態が改善される傾向を示し、うつ病治療の

    全く新しい概念の治療法として期待されます。

・入院中、抗ガン剤治療中、体調不良でベットから出られない、出たくない、眠れない・・

 ・治療中、病後に軽く運動したいが何をしていいのかわからない

・病気で運動ができないが、筋肉の衰えが心配だ

 

そんな時に、ゴロゴロしながらちょっと動いてみませんか。

ベットの上で試してほしい運動です!ぜひ、お試しください!!

・最近、話題になっている、人一倍感受性の強い人(ハイリー・センシティブ・パーソン)略してHSPは、芸能人や著名人にも多いということでにわかに注目されるようになってきました。1992年アメリカ心理学者Aron先生が考案した言葉で、非常に刺激に敏感すぎる特性を持つ人を言います。このHSPは気質(生まれつき持った特性)で、病気ではありません。

・ストレスから身を守るタンパク質(ヒートショックプロテイン)略してHSPは、マイルド加温療法やHSP入浴法で増加する我々の健康に貢献する重要なタンパク質です。

・両者のHSPには接点があります。

・“自分もHSP(かもしれない)” と感じた方は、是非、HSP入浴法を試してください。

今後、定期的に連載していきます。